NEWS

068 ゴムひもの通し方

先日、斜向かいの小学生が中学へ上がり、制服を着て記念撮影をされている光景を目にしました。
それから3週間以上経ち、浅草橋に越してきたころの小学校一年生が中学一年生になったことに、はたと気がつきました。
ただそれだけのことですが、時間の経過の可視化に、6年の実感がわいてきたのでした。

幼稚園と小学校の前に作業場があることが、製作にどれだけ影響しているかは分かりませんせんが、
おもちゃのようでいて、工夫次第でじゆうな使い方ができる、068 ロールケースが出来ました。
「じゆう」要素である、ゴムひもの通し方の一部を今回ご紹介します。

068 ロールケースの
ゴムひもは縫い付けておらず、取替え用のゴムひもが、1本(70cm)付属されています。
穴が、12箇所空いており、基本的には、4箇所の穴に通すことでご使用頂けます。
残りの8箇所はじゆうです。

--- ゴムひもの通し方 ---
1. ポケットのある穴:スムース面の最も端の穴から、玉結びにしたゴムひもを通します。(2箇所)
2. ポケットのない穴:通す穴や、ゴムひもの結びは自由です。
3. ポケットのない穴:最も端の穴とその隣の穴にゴムひもを2回通し、ループをつくります。(2箇所)
4. ポケットのない穴:通す穴や、ゴムひもの結びは自由です。お好みの穴で玉結びをして完成です。

↑メガネ拭きやマスクを挟むのに便利な、上下と幅を最大限に使える通し方

↑↓じゆう

「じゆう」をこんなにも多用して、昨年たいそう不自由だったのだと、記事を書いて気がつきました。
製品として消化できてよかったです。

ロールケースとロールケーキ展 (2021年4月21日〜4月21日)
オンラインストアをご覧いただいたみなさま、作業場へお越しいただいたみなさま、ありがとうございます。
展示自体は1年ぶりでしたが、この作業場で行うのは5年ぶりだったようです。
次回は秋に、はきもの中心の展示販売となります。ご都合合いましたら、どうぞお越しくださいませ。
展示以外でも、事前にご連絡いただけましたら、作業場で製品サンプルをご覧いただけます◎

(文/カンダ)