NEWS

001 スリッパ / 再入荷予定

少しずつスリッパに欠品が出てきました。次回の入荷は、2月末から3月上旬を予定しております。
年末年始に誌面でご紹介いただきました。機会がございましたらご覧いただけたらと思います。

大学入試センター試験から、大学入学共通テストへ、今年から名前が変わりました。
ラジオで聴いているだけで、これまで視覚的に確認していませんでしたが、今週の新聞に掲載された大学入学共通テストのグラフィックの美しさに、わすれていた記憶が戻ってきました。受験したのは20年以上前。緊張感などの心模様の記憶はほとんど薄れていますが、テスト用紙の質感・厚み・レイアウトに心地良さを感じていたことを記憶しています。文字の大きさ・余白の取り方も生活の中で目にする文字のバランスとは、異なる佇まいがあるように思います。

「もう少しつづける」ネガティブとポジティブを混ぜたような気持ちで、会社勤めを止め靴の学校で学び直し独立して10年近くになります。スリッパは、靴の学校の休み時間や放課後に試作していました。このときの記憶もやはり薄れていますが、設計図となる型紙用の紙に触れたのがこの頃です。半年間、無意味な線を発見したり飽きてきたりしますが、あるとき見たかった輪郭ようなものが見えたりすると、もう少しつづけようと思い直します。これを繰り返しの中で、たのしさが出てくると突然「できた」がやって来ます。
ラブ・ストーリーに限らず、「なにか」というのは突然なのかもしれませんね。

かつてグラフィックデザイナーの方とお話した際、作業の中でガイドラインの作成に大方の時間を割くことを伺いました。どこに何を配置するかやサイズを決める作業は、なにを美しさとするかで、出来上がるものは全く別のものへ変化していきますが、どの分野も設定というものは、時間がかかることですね。また出来上がった設定をし直すのことも。
今年度は受験生とそのご家族にとって、例年と違うことが多過ぎて、がんばり方が分からなかったり、気苦労が絶えずペースが掴みにくい日々ではないでしょうか。

もう少し  
言い聞かせて 良くない方へ作用する場合もありますね。
気が付かないうちに焦ったり、やり過ごして体調を崩し、思い出します。
ひとつずつ 

(文/カンダ)

ナチュリラ 
2020-2021 vol.52 冬号p.91
「冬のベストの着こなし」で、スリッパをご紹介いただきました。

SKYWARD(JALグループ機内誌)
2021 1月号
「旅のオトモ ルームシューズ編」で、スリッパをご紹介いただきました。